厳選!買ってよかったオススメアイテム21選

車を持つ人必見!ステッカーを貼って走るだけでお金がもらえる広告サービス「モーバ」とは?

マイカー広告サービスというサービスをご存知ですか?

これは、自分の車に企業の広告ステッカーを貼って走るだけで、走った距離に応じてお金がもらえるサービスです。

ボクも最初は「そんな簡単なことで、お金がもらえるの?大丈夫?」と思いましたが、お金の話となると、俄然興味が湧いてくる自分がそこにいました!笑

今回は、そんな魅力的なサービスを行なっている「モーバ」について紹介します。

参考 クルマ広告、誕生モーバMOVA

モーバの広告サービス内容は?

ここから、モーバのサービスを使って、「どのようにお金を稼ぐことができるのか?」「どんなサービス内容になっているのか?」について解説していきます。

モーバで稼ぐ仕組み

モーバは企業と個人を繋ぐ会社です。

企業は自分の会社を広く知ってもらうための宣伝費・広告費を設けています。

テレビのCM、ネットの広告、雑誌、YouTubeの動画の途中に流れるめんどくさいやつ。

全て企業が、自社の名前や自社製品をアピールし、ボクたちに買ってもらうための戦略です。

今回のモーバの広告サービスは、この企業の広告宣伝をボクたちの持っている車でやりませんか?という面白い提案なんです。

イメージはバニラの宣伝カーです!笑

企業と個人が直接やりとりするなんてことは今までなかったことですが、モーバという仲介を挟むことで、それが実現しています。

モーバは企業から宣伝費としてお金をもらい、モーバに登録している人たちにそのもらった宣伝費からお金を払ってくれるんです。

ボクたち個人が企業とのやりとりする手間もなく、

ただ用意された広告ステッカーを車に貼って、走るだけ。

これで企業の宣伝をしたことになり、

その対価として走った距離に応じてお金を得ることができるんです。

モーバの報酬

次は具体的にそのサービス内容について見ていきます。

気になる料金設定ですが、1キロ走るごとに10円もらえます。

安いのか高いのかわかりにくいですか?

具体例を出して計算してみましょう。

例えば、今の燃費のいい車なんかは1リッターで27㎞走るものなんかもありますよね。

ですが実際はさすがに20㎞/ℓくらいだとして、

1リッターで140円のガソリンだと1キロで7円かかります。

わかりやすく100キロの距離を走った場合、ガソリン代700円広告収入が1000円。

ガソリン代よりも多めにお金がついてきますね。

同じ条件で車の燃費がリッター10㎞だと

100キロ走った場合、ガソリン代1,400円広告収入1,000円。

ガソリン代を賄うことは少し難しいですね。

しかし、例えば名古屋から東京に旅行に行ったとして、距離が350キロくらい。

往復700キロだとして、ガソリン代9,800円広告収入7,000円。

普通なら、1万円近くかかるところを、約3,000円に出費を抑えられます。

注意

後述しますが、正確には報酬振込時に手数料として10%が報酬金額から引かれます。

走れば走るほど大きなプラスになるのが、このサービスの大きなポイントです。

モーバで報酬を受け取る方法

モーバで出た報酬は、3ヶ月ごとの振込です。

この振込時に、報酬の10%の手数料がかかります。

また、支払いは3ヶ月ごとですが、モーバの広告サービスを利用したら、最低6ヶ月間は広告のステッカーを貼り続けることが契約条件となります。

半年以内に提携解除をしたい場合は、それまでプールされていた報酬は放棄扱いになり、支払われなくなるので注意してください。

モーバのサービス利用の流れ

お金を稼ぐ仕組みもシンプルなら、利用の流れもいたってシンプルです。

MEMO

モーバの運営側とのやりとりには「LINE」アプリが必要になります。

  • STEP.1
    会員登録
     

    まずはホームページから新規会員登録!

    名前や住所、車の情報など記載していきます。

    もちろん無料です。

  • STEP.2
    ステッカーにエントリー
     

    会員登録ができたら、どの企業のステッカーを貼るか決めます。

    注意点は、ナンバープレートの管轄地ごとにステッカー案件は決められていることです。

    あなたのお住いの地域によって貼れるステッカーが変わってきますので、案件一覧から条件を絞って気に入ったステッカーを選びましょう。

  • STEP.3
    提携確定
     

    ステッカーを決めたら、その企業側からのOKを待ちます。

    OKが出たらモーバの運営側がステッカーの準備を始め、あなたの自宅に届けてくれます。

  • STEP.4
    ステッカーの貼り付け
     

    ステッカーが届いたら車に貼り付けます。

    貼り付けた後は、LINEでモーバに連絡。

    ビデオ通話を通して車体とメーターを確認します。

  • STEP.5
    計測スタート
     

    確認ができたら、後は走った分だけお金が発生します。

    月に1度、LINEで走行距離の報告をする必要があります。

モーバの広告サービスがおすすめな人

サービスの性質的に、次のような人にはモーバの利用がオススメです!

通勤や仕事で車を毎日使う人

ここまで読めばわかると思いますが、基本的に車を走らせる機会がないと全く稼げないサービスとなっています。

なので、日常的に通勤等で車を使う方にこそオススメのサービスです。

むしろ、たまにしか車を使用しない人には後述しますが、ステッカーを貼ることのリスクの方が高くなるのでオススメしません。

旅行など、距離移動の機会が多い人

毎日は車を使用せずとも、定期的に長距離の運転をする人には相性が良いです。

例えば、シーズンが来ると毎週のようにゲレンデに行ってスキーやスノーボードを楽しむ人は一気に距離数が伸びるのでオススメです。

シーズンが重なる半年間だけ試しにやってみる手もありますね!

人の目を気にしない人

マイカー広告サービスは、海外では結構流行っている地域も多いみたいですが、日本ではまだまだ浸透していません。

なので最初は周囲から「なんだなんだ?」と脚光を浴びる可能性があります。笑

そういうことをあまり気にしない人じゃないと、難しいかなと思います。

車にそこまで愛着を持っておらず、割り切れる人

自分の愛車にステッカーを貼るなんて!

と思う人ももちろんいますよね。

愛車とまでは思っていない人でも、自分の車にステッカーを貼るのに抵抗を持つ人はいると思います。

半年間は最低でも報酬を得るのに貼り続ける必要があるので、車にこだわりを持っていて、綺麗に保ちたい人にはオススメできません。

車への愛着が少なく、ちょっとでもお金を稼ぐためなら!と割り切れる人には断然オススメです。

モーバで広告副業する前に、確認しておくべき注意点!

早速自分もモーバに登録して、小銭稼ぎしよ!!

と思われた方もちょっとだけお待ちください。

何事にもリスクというものや、知らないと後で損することもあります。

モーバで広告副業をする前に、あらかじめ考えておくべきポイントを押さえておきましょう。

場合によって確定申告が必要

お金を稼いだら、その額によっては面倒でも確定申告をする必要があります。

モーバから受け取るドライバー報酬は、「雑所得」扱いとなり、一定の条件を超えることで確定申告の必要が出てきます。その条件とは一般的に、年間で20万円以上の利益(所得)が生じた給与所得者、もしくは、38万円以上の利益(所得)が生じた給与所得のない方となっております。詳しくは「モーバの報酬に確定申告は必要?」の記事をお読みください。

引用:モーバ

あらかじめ、確定申告については念頭に置いた上でサービスを使うことをオススメします。

ステッカーを剥がすのに失敗すると傷や跡になる可能性もある

車のボディやガラスにステッカーを貼るので、やり方によっては張った場所を傷つけてしまうリスクもあります。

とは言うものの、市販のステッカーとは違って自動車向けの再剥離可能なステッカーになっているそうなので、よっぽどステッカー自体の問題で傷がつくことはなさそうです。

貼り方や剥がし方次第では傷つける可能性はあるので、その際は慎重に行う必要があります。

また、傷とは関係ありませんが、車にはシールやステッカーを貼ってはいけない場所があります。

なのでステッカーを貼る際は、モーバが指定する場所に貼ることを基本としてください。

サイズ的に指定場所が貼れない場合は連絡を取って確認することをオススメします!

ステッカーは日焼けのリスクもある

車は外を走りますし、駐車場も多くの人が陽の当たる屋外であることが多いです。

ステッカーを貼った箇所にボディの日焼けで変色する可能性はあります。

稼いだ広告費分で補填できる場合もありますが、どうしても嫌な人もいるので、そういう人には残念なポイントになります。

買取時に価格が下がる可能性もある

車を手放す時に買取を検討する人がほとんどだと思います。

当たり前ですが、買った頃に近い状態であればあるほど買取価格は基本的に上がるものです。

車のボディに日焼けができてしまっている場合、買取時の査定にマイナスの影響を及ぼすこともあります。

もちろん、査定時にかかる日焼けのマイナス分も補填するだけの広告費を稼いでいれば問題ありませんが、事前にリスクを理解はしておくにこしたことはないでしょう。

まとめ 車を手放す時のことまで考えた上でやる価値はアリ!

実際に、モーバのマイカー広告サービスをやってみるのはアリですが、きちんと先のことまで考えた上で、試してみることをオススメします。

 

とはいえ、よく車を使って移動する人なら、長期間広告を貼っておくことでそれなりに稼ぐことができそうです。

車によっては、ガソリン代+αで収入が入るのも魅力ですね。

モーバの広告サービスについて、より詳しく知りたい方は、モーバの公式ホームページをご確認ください。

参考 クルマ広告、誕生モーバMOVA

 

最後に、

車はステッカーを貼った跡がついていようがいまいが、状態によっては買取が難しいこともあります。

そんな人は、どんな車でも最悪費用もかからず無料で引き取ってくれるカーネクストを覚えておきましょう!

故障車だろうが、事故車だろうが、レッカーの手続きも含めて廃車費用が一切かからず、物によっては高価買取してくれます!

>>>どんな車も高価買取り!廃車買取の【カーネクスト】<<<

最悪の場合の対処法を押さえた上で、安心してマイカー広告サービスを利用しましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 当ブログについて 

当ブログでは、あいみょん等アーティストのライブレポートボク個人のオススメアイテムなどの紹介をしています。

ブログの更新はSNSでお知らせしているので、ぜひ下記からフォローをよろしくお願い致します!

気軽に絡んでいただけると嬉しいです^^

 

Twitter:@kurashihitotoki

Instagram:@_kumatakun

 

この記事を読んだ人にオススメの記事

【趣味がない人必見】あいみょんから学ぶ自宅で一人でできるオススメ趣味7選! 【あいみょん私物まとめ】オシャレすぎる私服からアクセサリー、香水、おすすめの本まで あいみょんが表紙や特集で掲載されている雑誌を総まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です