心をワクっとさせる日常の工夫を紹介

【レビュー】初めてBOSEのスピーカーSoundLink Color IIを使ってみて世界が変わった…

音楽。

それはボクたちの生活に当たり前にあるもの。

そして欠かせないものです。

 

そんな音楽をより楽しむために、イヤホンやスピーカーは非常に重要であり、その王道をいくのがBOSEです。

あなたも音楽が好きなら1度はBOSEという名前を聞いたことがあるでしょう。

 

重低音がめちゃめちゃかっこいんだよ!と友達から噂に聞いてたBOSE。

最初ボクは「音の違いなんて、こだわりのない人には関係ないでしょ」と思っていました。。。

 

そんなボクが初めて購入したBOSEのスピーカーがSoundLink Color Bluetooth speaker II

これを使ってみて、自分がいかにBOSEの良さを理解していないかということに気づきました

低音だけでなく音質の違いが素人の自分にもわかり、曲の姿が全然違って見えたんです。

さらに、その他の機能面、価格面、デザイン面、全てが「買って正解」と言わせしめる商品でした。

 

今回は、そんなBOSEを初めて使ってみたボクが、BOSEのワイヤレススピーカーSoundLink Color Bluetooth speaker IIの素晴らしさをレビューします!

BOSEのSoundLink Color Bluetooth speaker IIの外観

何においても見た目って大事ですよね。

SoundLink Color IIの見た目は、BOSEのクールなマークとともに、シリコン素材の柔らかさから印象付けられる可愛らしい雰囲気が特徴です。

音の出るスピーカー部分の穴が外側に行くにつれて小さくなっていてクールな印象を受けます。

今回のSoundLink Color IIの特徴として、シリコン素材のマットな質感無駄を省いたシンプルな外観は置き場所を選びません。

自宅のどこでもしっくりくる上にどこか可愛らしい男女を問わないデザインです。

 

ボタンは6種。左から順に

「電源ボタン」「Bluetoothボタン」「入力モードボタン」「音量−ボタン」「マルチファンクションボタン」「音量+ボタン」

実際のところ、このあと紹介するBOSEのアプリを使用すればスピーカー本体のボタンを押すことはありません。

iPhoneなどのデバイス操作がほとんどになります。

なので、電源ボタンくらいしか実際使わないかな。

初期のペアリングでBluetoothボタンを使用するくらい!

 

サイドには充電用のmicro-BのUSB端子と3.5 mmステレオ音声ケーブルが接続可能なAUX端子。

 

背面上部にもスピーカーが。BOSEをBOSE言わせしめる重低音がここから出ている。

音の立体感と呼ばれる正体ですね。

公式の取扱説明書には、以下のようにちょうどいい低音を作る為にスピーカーの最適な置き場所が書かれています。

スピーカーの背面を壁にぴったりつけるのではなく、壁から少し離して設置してください。スピーカーを壁から離すにつれ、低音が弱まります。

 

BOSEのSoundLink Color Bluetooth speaker IIのスペック

もともとボクはBOSEのスピーカーを購入する際に別のモデルとどちらを購入するか迷っていました。

それが人気のSoundLink Mini II

せっかくなのでボクが悩んだSoundLink Mini IIと比較して、SoundLink Color IIのスペックを紹介します。

製品名

SoundLink Color Bluetooth speaker II

出典:BOSE公式ホームページ

SoundLink Mini Bluetooth speaker II

出典:BOSE公式ホームページ

カラーバリエーション 4色(アクアティックブルー、コーラルレッド、ポーラーホワイト、ソフトブラック) 2色(カーボン、パール)
連続再生時間 8時間 10時間
ワイヤレス通信距離 最大9m 最大9m
重さ 540g(ペットボトル約1本分) 670g
搭載機能 Bluetooth搭載、 防水・防滴  Bluetooth搭載
価格 ¥16,200 ¥14,727(Amazon価格を見に行く)  ¥19,810

表にすると違いが分りやすいと思います。

次からポイントに絞ってSoundLink Color IIの特徴を」見ていきます。

SoundLink Color IIはビビットな明るいカラーバリエーションが特徴

出典:BOSE公式ホームページ

まずカラーバリエーションがSoundLink Color IIの1つ目の特徴です。

SoundLink Mini IIは2色

対して、SoundLink Color IIは4色

アクアティックブルー、コーラルレッドといったビビットな配色が好みの人は、SoundLink Color IIはかなり魅力的です。

 

好みだけではなく、スピーカーは家の中に置くものなのでその見た目は重要です。

スタイリッシュな部屋にはSoundLink Mini IIの方がいいかもしれませんが、

ボクは北欧風の温もりのある部屋が好きなので、シリコン素材で可愛らしい丸みのあるSoundLink Color IIが相性良さげでした。

北欧風インテリアの作り方。まずはお気に入りスペースを1箇所作る

 

SoundLink Color IIは濡れてもOK

出典:BOSE公式ホームページ

次にSoundLink Color IIの大きな特徴は防水・防滴仕様ということ。

プールサイドや水際で使っても安心。

表面がシリコン素材なので濡れても水を弾きます。拭いてしまえば問題なしです。

 

濡れてもいいし、シリコン素材で滑りにくいのもあって、外への持ち出しに相性◎。

アウトドアが好きな人にはもってこいだ!

注意

水没はアウトなので、そこだけ注意してください!

SoundLink Color IIは本当にちょうどいい!お手頃な価格

SoundLink Mini IIと比較して、連続再生時間は2時間少ないSoundLink Color IIですが、その分価格がかなりお得なのが特徴!

製品名

SoundLink Color Bluetooth speaker II

出典:BOSE公式ホームページ

SoundLink Mini Bluetooth speaker II

出典:BOSE公式ホームページ

価格 ¥16,200 ¥14,727(Amazon価格を見に行く)  ¥19,810

その差はAmazonで購入した場合はなんと5,000円強

スペック的にSoundLink Mini IIに大きく劣る訳でもなくこの価格は嬉しいですね。

特にこれから初めてBOSEのスピーカーを買おうと思われている人にとっては大変ありがたい。

ボクもその一人でした。

MEMO

ちなみにSoundLink Mini IIは充電クレードル(直接USB等の充電コネクターにつながなくても置くだけで充電される機器)がついているので、その分の値段もあるかと思います。

 

SoundLink Color IIはMiniの後続モデルが故に、Miniで培った信頼感・安定感を引き継ぎつつ、幅広いシーンを想定した使い勝手の良さや低価格を実現したモデルと言えます。

BOSEのSoundLink Color Bluetooth speaker IIのペアリング

SoundLink Color IIは、本体を操作する方法と、アプリで操作する方法があります。

最初のペアリングはどちらにせよ本体を操作しますが、1度本体操作を済ませたら次からはアプリを使用したペアリングがオススメです!

ペアリング方法①:SoundLink Color IIの電源をオンにする

本体操作のペアリング手順

  • STEP.1
    SoundLink Color II本体の電源ボタンをオンにする

    本体の電源をオンにすることで、自動的にモバイル機器が検索されます。

     

    MEMO

    追加で別のモバイル機器をペアリングする際は、電源をオンにした状態でBluetoothボタンをインジケータが青く光るまで長押してペアリンモードにしてください。

  • STEP.2
    デバイスのBluetooth機能をオンにする

    デバイス(写真はボクのiPhone)の設定から、Bluetooth機能をオンにします。

  • STEP.3
    デバイスリストから「Boce Color II SoundLink」を選択

    選択をするとSoundLink Color II本体から「接続済みです」という音声ガイドが聞こえます。

  • STEP.4
    ペアリング完了

    本体のBluetoothインジケーターが白色に点灯したらペアリング完了です。

以上が本体を操作した場合のペアリングです。

1度本体操作でデバイスとのペアリングが済んだら次に紹介するアプリを使用したスマートなペアリングがオススメです。

ペアリング方法②:BOSE CONNECTアプリを使用する

SoundLink Color IIは専用のアプリを使用したペアリングや操作ができるのがポイントです。

MEMO

アプリでの操作はSoundLink Mini IIにはない機能になります。

ペアリングの前に、まずBOSEのアプリをインストールして、アプリと本体を登録する必要があります。

「Bose connect」で調べると一番上に出てきます。

 

アプリを起動するとプライバシーポリシーが出るので、チェックをして同意。

他にデバイス登録されている場合は、本体のBluetoothボタンを長押ししてペアリングモードにする必要があります。

 

ここまできて、ようやく購入したSoundLink Color II本体とアプリとの登録がおしまいになります。

 

1度ここまで終えたら次からは以下の2ステップでペアリングが可能です。

アプリ操作のペアリング手順

  • STEP.1
    アプリを起動してドラッグする

    アプリを起動すると写真の画面になります。

    画面の指示に従って、矢印の方向にドラッグします。

  • STEP.2
    ペアリング完了

    はい、これだけです。

    アプリ起動してドラッグ。

    以上でペアリング完了。お疲れ様でした。笑

アプリのペアリングがめちゃめちゃシンプルなのがお分りいただけましたか??

アプリで、スピーカー本体のバッテリー残量や流れている曲名、接続されているデバイスも確認できます。

 

デバイスごとのペアリング管理もアプリ内で一括管理できます。

 

スマホだけで必要な操作や確認ができるので、SoundLink Color IIを使う際はアプリも一緒にインストールすることをオススメします。

 

BOSEのSoundLink Color Bluetooth speaker IIを使ってみた感想

価格、見た目のバリエーション、機能面、、、たくさんのメリットがお分りいただけたかと思います、

ボク自身、改めてSoundLink Color IIとSoundLink Mini IIのスペックや価格を比較してみて、最高のコスパだなぁと感じました。

しかし、実際に使用してみないと商品の本当の良い悪いって気づかないですよね。

 

使ってみて初めてわかる

「ここも意外とよかった!」とか

「ここが思ったより悪かった…」といったメリットデメリットは必ずあると思います。

それとここまで触れてこなかった音質のこととか・・・。

 

メリットとともにデメリットも包み隠さず紹介しますね!

SoundLink Color IIのデメリット

ホコリがつきやすい

シリコン素材は手から滑りにくく、なおかつ水を弾きます。

しかしながら、素材の性質のデメリットとしてホコリがつきやすいです。

少しばかりホコリがついているのが分りますか??

多少なので気にならない人が多いと思いますが、ここはどうしてもデメリット要素として出てきますね。

 

SoundLink Mini IIよりは倒れやすい

見た目からわかると思いますが、SoundLink Mini IIよりも高さがあるので、両者で比べると倒れやすいのはSoundLink Color IIです。

もちろんシリコン素材なので耐久性は高く傷つきにくいですが、電子機器なので落としたり倒したりするのは避けたいですよね。

特にSoundLink Color IIは、軽量で防水防滴機能を備えた「外に持ち出すことを前提に作られたスピーカー」なので、倒れることがあるのは少し残念です。

 

とはいえ、本体に体やものをぶつけなければ風で簡単に倒れるとかそういうことは恐らくないでしょう。

家でも基本的には固定の位置に据え置きすることになると思います。

よっぽど気になる方だけこのデメリットは検討すると良いかな?くらいです。

 

電源が自動的にオンになる

これが一番のデメリット。

スピーカーをiPhoneとペアリングさせて使っていたときのことです。

音楽を聞いてて「そろそろ寝よう」とスピーカーの電源をオフにしました。

ところが、スピーカーがペアリングさせていたiPhoneのBluetooth信号を受信して自動的に電源オンになってしまいました。

いろいろ調べてみると、これはSoundLink Color IIの仕様だそうです。

 

自動的にオンになってしまうと電池も食いますし、何よりスピーカーから「ペアリングが完了しました」という音声ガイドが流れてすごい気になります。。。

人によっては便利と感じる方がいるかもしれませんが、これは正直もっとも不要な機能・・・笑

仕様なのでしょうがないですが、想像以上に鬱陶しいと感じるためその点は設定できるようになればよかったかな。

寝るときはデバイスのBluetooth機能をオフにしましょう。

 

SoundLink Color IIのデメリットまとめ

  • ホコリがつきやすい
  • SoundLink Mini IIよりは倒れやすい
  • 電源が自動的にオンになる

SoundLink Color IIのメリット

クリアで臨場感のある聴き心地のいい音質

やっぱり一番きになるのがその音質。

BOSEのスピーカーと言えば、やっぱりその音質がウリです。

 

ボクは音楽に詳しいわけでもなければ、こだわりがあるわけでもありません。

そんなボクでもBOSEのスピーカーで聴く音楽は全く違うものに聞こえました。

 

よく言われる重量感のある低音は、月並みな表現ですが感動しました。

低音がズシッと響くことでライブに近い臨場感がとても感じられます。

さらには高音域まで綺麗に音が出ているのがわかって曲がとってもクリアに聴こえました。

 

エディオンでSoundLink Color IIとSoundLink Mini IIを聞き比べましたが、ボクの素人耳が正しければSoundLink Mini IIの方が低音が目立つように感じます。

BOSEが好きな人には物足りないって声もあるんじゃないかと思いましたが、素人のボクにはSoundLink Color IIの方が自然な感じに聴こえます。

結果、「価格も安いし普通に聴きやすいしやっぱりこっちだな」となりました。

 

専用アプリで簡単ペアリング&音声ガイド無効化

やっぱりSoundLink Color IIの強みは専用のアプリに対応している点です!

これはSoundLink Mini IIにはない機能で、ペアリングの説明部分で紹介した通り、ペアリングのコントロールがとっても簡単!

 

そして実は、専用アプリから音声ガイドを無効化、つまりオフにすることも可能なんです。

デメリットの部分で電源が自動でオンになることをお伝えしました。

オン・オフの度に音声ガイドが流れて鬱陶しかったですが、音声機能だけはコントロールできるみたいです。

勝手に電源がオンになって、電池を消耗してしまうデメリットはデバイスのBluetooth機能をオフにすることで対応するしかありませんが、音声によるイラ立ちは解消されそうです。

 

部屋に馴染むデザインとカラー

ボクは北欧系のインテリアがとても好きです。

グリーンを置いたりして温かみのある部屋を目指しています。

 

そんなボクにとって、丸みが可愛らしいフォルムのSoundLink Color IIのスピーカーはインテリアの一部です。

ビビットなカラーが特徴のSoundLink Color IIですが、部屋になじまないと嫌だなと少しビビって選んだのはポーラーホワイトにしました。

カラーはどれも完全な原色ではないのがポイントです。

このポーラーホワイトも真っ白ではない自然な白だからこそインテリアとして馴染みやすいです。

他の3色も完全な青!完全な赤!ではなく、表現しがたい柔らかさがありますよね。

 

スピーカーは家に置いておくことがほとんどなので、インテリアとしての側面は非常に高いです。

機能や音質、価格と同じくらいに、見た目は重要。

 

スタイリッシュな部屋には少しポップすぎるかもしれませんので、ご自分の部屋のインテリアと合わせて検討して見てください。

 

安心の防水機能!お風呂場で使うのがオススメ!

SoundLink Mini IIにはない、SoundLink Color IIの特徴が防水防滴機能です。

アウトドアで使用することがBOSEの公式ページでもオススメされていますが、実はお風呂場で使うのが一番のオススメ。

 

あなたも湯船に浸かりながら歌を歌った経験ありませんか??

お風呂場って音が反響するし、リラックスしてついカラオケボックスと化しますよね。

少なくともボクはお風呂場で歌うの大好きです。

 

お風呂場で音楽を聴く為に、iPhoneを濡れないようジッパーに入れて入っている人も友達にいました。

でもSoundLink Color IIなら水没さえしなければ濡れても大丈夫でなんです。

 

大好きなあいみょんの曲を迫力の音質で聴きながら湯船に浸かっている時間は本当に幸せ。

お風呂場が大好きなアーティストのライブ会場になります。

 

SoundLink Color IIのメリットまとめ

  • クリアで臨場感のある聴き心地のいい音質
  • 専用アプリで簡単ペアリング&音声ガイド無効化
  • 部屋に馴染むデザインとカラー
  • 安心の防水機能!お風呂場で使うのがオススメ

SoundLink Color IIを使った人の声

ボクに限らず、使ってみた人の意見はめちゃめちゃリアルで為になります。

他の人はどんな評価をしているのでしょうか??

読んでみると、ボクが気づかなかったメリット・デメリットが結構あったので紹介します。

音質、携帯性、耐水性も充分!

iPadのアマゾンミュージックを聴くために購入しました。ペアリングも簡単!低音の響きもしっかりしています。冬場のお風呂の水滴も大丈夫で、自宅お風呂がすっかりスパのように!!
ブルーの色もお風呂を暗くしないので、良い感じです。気に入ったので、彼女にも購入し、プレゼントしましたが、めちゃ気に入ってもらえました!
彼女もアマゾンミュージック、プライムビデオをこのスピーカーで楽しんでいるようです

Amazonレビュー

このレビューを見て、「プレゼントとしても確かにちょうど良さそう」と思いました。

見た目が可愛いので、音楽好きの女性へのプレゼントにいいですね。

ただし、音質にこだわる相手の場合は慎重になることをオススメします。笑

 

音の再現力の良さは格別

音の再現力は、普通のスピーカーとは一線を画す性能力と感じます。
同じ曲とは思えないくらいです。

ただ、個人的好みですが、もう少し低音を抑えて欲しいです。
ドンッ、ドンッ、と重低音の感触が強すぎるので、クラシックなどのなだらかな曲調にはあまり向いていない気がします。

Amazonレビュー

日頃聴いている曲の種類によってもスピーカーは考えた方が良いそうです。

BOSEのような低音域がウリのスピーカーを使うなら、ロックバンドのような迫力のある曲を聴くのが良さそうです。

 

音が出ますが、用途が限られます

低音を増幅して響かせるので、8畳ぐらいの部屋でも十分聞ける重低音が出ますが、逆に音量を下げた場合、低音だけは残ってしまう印象です。
やや こもった 音にも感じます。隣の部屋で聞くと低音だけ、もれて聞こえます。
狭いアパートや木造のアパートで夜静かに聴こうと思っても、低音は壁を通過しやすいので、隣の住人へ迷惑になる可能性があります。
家電量販店で視聴した時はあまり感じませんでしたが、参考にしていただければ幸いです。

Amazonレビュー

このレビューは音の違いに疎いボクみたいな人には大変参考になりました。

低音が響くことのデメリットについても触れているので、レビューに当てはまるような狭いアパートや木造住まいの方は騒音問題にだけ注意した方が良さそうです。

 

ちなみにこの他のレビューを見ると、やはり多くの方がお風呂場で使っているという声が多くありました。

お風呂で音楽を聴く人には本当にオススメです!

 

まとめ 音に強いこだわりのない人にとっては感動もののスピーカー

デメリットもいくつかありますが、それを含めても非常にコスパの高いお買い得なスピーカーだと思います。

時代的にこれだけパソコンやスマホで音楽を手軽に聴けるようになったので、Bluetoothのスピーカーは1つくらい持っていると本当にいいですよ!

 

音楽って雰囲気や思い出を作るものなので、ぜひSoundLink Color IIのスピーカーを買って恋人を部屋に呼び、ロマンチックな雰囲気作りにジャズを流したり、互いの好きな曲を流し合って楽しんでみてはいかがでしょうか?

全4色のカラーバリエーション

 

合わせてBluetoothのイヤホンもオススメです。

完全独立型Bluetoothイヤホン「iKanzi/TWS-X9」は本当に良い感じ?

 

あなたの生活がもっと豊かで温かいものになりますように。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です