心をワクっとさせる日常の工夫を紹介

もう出先でリュックをかける場所に悩まない!収納グッズとしてもオススメのバックハンガー「Clipaクリッパ」をレビュー

ボクはリュックサックを日常的に使用します。

仕事はもちろん、外出先でもPCを触るのでリュックサック、あるいはPCが入るサイズのカバンを持ち運びます。

大きめカバンやリュックを使っていると外出先で結構悩むのがカバンの置き場所です。

出先のお店等でカバンを置く場所がなくて床に置いた経験ありませんか?

また、家の中でも置き場やかける場所に困って、とりあえず床にどさっと置いてませんか?

そんな時に便利なのがバッグハンガーのClipaクリッパです。

今回紹介するバックハンガーのClipaクリッパがあれば、カバンを乱雑に床に置いておくことや、出先でカバンを置く場所に悩むことから解放されます。

created by Rinker
Clipa(クリッパ)
¥2,580 (2020/12/02 15:38:44時点 Amazon調べ-詳細)

バッグハンガーとは?

リュックをよく使うボクの悩みは次のような場面でおこります。

  • 職場でカバンを置くところやロッカーがない
  • 外食先(主にラーメン屋)でカバン置く場所がなくて椅子のお尻側に置かざるを得ない
  • 家でもカバンを置く定位置がなくて床に置きっぱなし

リュックとかカバンってお気に入りの物だからあまり汚したくない。

それなのに置く場所に困るの状況がほぼ毎日ありました。

そんな中、リュックを出先でもかけておけるモノがあればいいなと思って調べて見つけたのが「バッグハンガー」です。

バッグハンガーとは、その名の通りバッグ用のハンガーで、カバンを吊り下げることができ床に直接置くことを避けられます。

出先の食事や仕事の場面など、カバンの置き場所がないときに便利です。

バッグハンガーの種類は、大きく次の3種類です

  1. フック型
  2. 折りたたみ型
  3. リング型

今回紹介するClipaクリッパはリング型のバッグハンガーです。

バッグハンガーを購入するにあたって、市場に出回るバッグハンガーをできうる限り調べつくしましたが、

  • コスパ
  • オシャレさ
  • 強度

全てにおいてクリッパがダントツ1番だと思います。

次からそんな超絶オススメのバッグハンガークリッパについて具体的に紹介していきます。

バッグハンガーClipaクリッパの特徴

ここではクリッパの特徴をザッとご紹介します。

クリッパの外観

クリッパはボクが調べたバッグハンガーの中で間違いなく一番オシャレなデザインです。

クリッパはゴールド、シルバー、ブラックの3色展開で、色は同じでツヤの有り無しの違いも選べます。

ボクが選んだのはツヤ有りのブラック。

ツヤツヤですね。

ツヤ感について安物っぽさは個人的には感じられません。

むしろ若干の高級感すら感じます。

サイズ感は手のひらちょうどくらい。

後半でも書きますが、最初は少し大きいかな?って思いました。

外観がシンプルなので外で使っていても、個人的には違和感をあまり感じません。  

次からはクリッパの特徴について見た目以外の部分で触れていきます!

Amazonレビュー星4.5の安心感

クリッパでもなんでもそうですが、商品をネットで買うときに現代人ならレビューを見ると思います。

店頭で買うにしても、事前に商品について調べてから買いに行くことが多いのではないでしょうか?

ボクもクリッパを買うのにネットでレビューを色々確認しました。

レビューで大切なのは星もそうですが、レビューの数も大切です。

レビュー数が多ければ多いほどサクラが少なく、信頼性が高いからです。

その上でクリッパは、Amazonのレビュー数2,000超えにもかかわらず星4.5という高評価を得ています。

個人的な感覚では、レビュー数が1,000を超えて、なおかつ星が4以上あれば基本的に満足できる製品だと感じています。

クリッパはまずこの信頼感・安心感が大きな特徴のバッグハンガーなのです。

耐荷重は驚異の15キロ

10キロを超える荷物をカバンに詰めることはよほどないが、それくらい重くても支えられる頑丈さがクリッパの大きな特徴です。

バッグハンガーの一番の不安はカバンが落下すること

多くのバッグハンガーは耐荷重が10キロもありません

価格も安価なものが多いため、結果として強度やデザイン性が残念なものばかりなんです。

だからこそ耐荷重15キロの強度をもつクリッパは、従来品と違って落下の不安をほぼ0にしてくれる絶大な安心感があります。

その秘密はヒンジと呼ばれる輪の支柱になる部分の強度にあり、一般的なバッグハンガーの10倍以上の耐荷重性を備えています。 

クリッパは価格が多少しますが、それだけ製品の質が高いとも言えます。

ボクは安物買いの銭失いはごめんなので、クリッパのような質が伴っている製品であれば多少相場が高くても問題なしです!

落下や傷を防ぐ滑り止め

クリッパは、机などの表面に接する部分(引っ掛ける部分)がゴム素材のパットになっています。

これが滑り止めの役割を果たしてくれるので、耐荷重の大きさと合わせて荷物の落下防止につながっているんです。

そして、このゴム素材のパットは滑り止めの役割以外にも、重たい荷物を引っ掛けた机などの表面を傷つけない役割にもなっています。

安心感が半端じゃありません。

美しく洗練されたシンプルデザイン

クリッパの特徴でボクが一番推したいのは、その見た目・デザイン性です。

クリッパは、シンプルでスッキリしたデザインなのが特徴。

これが本当にありがたいことで、バッグハンガーのデザインが悪いとそもそも使いたくなくなるんですよね。

クリッパのデザインは無駄がなく、スマートなので好きです。

クリッパはカバンのストラップなどに取り付けておくのがオススメなのですが、デザインがシンプルなので取り付けていてもカバン自体のデザインを邪魔しません。

外で使うことが多いからこそデザインがオシャレじゃないと個人的には恥ずかしく感じるのですが、従来品のバッグハンガーの多くは正直かなりダサいデザインが多いです。笑

デザイン重視の人なら、バッグハンガーはクリッパ一択で間違いないと思います。

created by Rinker
Clipa(クリッパ)
¥2,580 (2020/12/02 15:38:44時点 Amazon調べ-詳細)

バッグハンガーClipaクリッパを実際に使ってみた感想

ここからは、実際自分がクリッパを使ってみて思った感想を包み隠さずお伝えします!

クリッパのデメリット

どんな商品も完璧なものはなく、残念な部分があります。

ボク的には全人類買うべきだと思っているクリッパも、「ここはちょっとなぁ」と思う部分が正直あります。。。

まずはそんなデメリットをご紹介します。

ゴツめのサイズ感

クリッパの第一印象は「意外と大きい」でした。

ある程度の大きさがあるからこそ、頑丈で壊れにくいバッグハンガーに仕上がっているのだとは思いますが、あくまでバッグハンガーなので大きすぎるものは嫌ですよね。

もちろん「意外と」大きい程度なので、持ち運びしづらいほど大きくはない。

だけど自分の手のひらサイズくらいはあるのでもう少し小ぶりがいいなとは正直思いました。

決して安くはない価格

クリッパはバッグハンガーの中では高級品です。

従来品が高くても1,000円前後の価格帯の中、クリッパは2,600円くらいします。

もちろんそれだけ製品の造りがしっかりしていて、個人的には大満足なのですが、一般的には少しお高く感じるような気がします。

ただ、外出先でカバンをかけておくバッグハンガーがダサいってなんか嫌じゃないですか?

せっかくオシャレして外に出て、スタバとかでカバンをバッグハンガーに引っ掛けておくときに安っぽくてダサいものを使うのはちょっと気が引けます。

モノは「なんとなくコレでいいや」と妥協して買うより、ちゃんと自分で納得した商品を買う方が絶対にいいとボクは思うんです。

それに共感してくださる方にはクリッパの価格でも文句なしじゃないでしょうか?

クリッパのメリット

次はクリッパのメリットをお伝えします。

ボクはメリットがデメリットを完全に上回っているなと感じています。

抜群の安定感

カバンやリュックを引っ掛けるのにこれだけ安定してくれるなら申し分ないと思えるそんな安定感です。

クリッパは耐荷重15キロなので、そもそもが重い荷物をぶら下げるために作られた製品と言えます。

荷物が重くなるのは、それだけ大切なモノが詰まっている場面が多いです。

ボクならパソコンやパソコンの充電器・ハブ・タブレット等電子機器が多く入っています。

そんなカバンを守るには、しっかり安定したバッグハンガーである必要があります。

繰り返しになりますが、クリッパは、ヒンジの強度が非常に高く、さらに机と接する部分のパットがしっかり接地面を掴んでいるのでズリ落ちたり壊れる危険が少ないです。

そこからくる抜群の安定感は、大切なものを守ってくれる安心感に繋がっています。

スマートな使い方勝手

クリッパのヒンジはバネで自動的に閉じるようになっています。

なので、机にかけていたクリッパをリュックごと持ち上げると、クリッパが閉じてリュックのストラップに勝手に戻ります。

つまり、リュックやカバンのストラップなどにつけておけば、カバンの中に入れたり出したりする必要がないんです。

カバンの中に入れて置かなくてはいけないタイプのバッグハンガーは、結局使わなくなるんですよね。

取り出すのが面倒なので。

カバンにつけてすぐに使えるのは地味にありがたいです。

引っ掛け方の豊富なバリエーション

クリッパはリング型と呼ばれるタイプのバッグハンガー。

このリング型には、その形状的に様々な場所に引っ掛けられるという特徴があります。

(出典:アークトレーディング

机に引っ掛けられるのはもちろん、

車のシートや電車等の乗り物のトレイにも引っ掛けられます。

これは新幹線によく乗るボクとしてはかなり嬉しい。

フェンスのような穴がある場所にも引っ掛けられます。

リング型ではない形状のバッグハンガーの場合、限られた場面でしか使えないために結局使用頻度が少なくなって使わなくなるということがよくあるようです。

例えば次のリヒトラブというフック型のバッグハンガーは机にしか引っ掛けられない形状です。

created by Rinker
リヒトラブ(Lihit lab.)
¥436 (2020/12/02 00:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

せっかく買うものだから使わなきゃもったいないですよね。笑

そういう意味でリング型のクリッパは引っ掛けられる場所が多く、いろんなシーンで使えるからカバンを床に置きたくないボクとしては本当に重宝しているんです。

使えるシーンが多いのは想像以上のメリットですよ!

created by Rinker
Clipa(クリッパ)
¥2,580 (2020/12/02 15:38:44時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ PCを使うノマドメンズにベストなアイテム

ここまでクリッパの良し悪しについて書いてきましたが、個人には男女問わず友達なら誕生日プレゼントであげたいくらいオススメです。

その上で、ゴツめの見た目はやっぱり男性向けかなと思います。

最近カフェでPCを使う人もよく見かけるので、そういったノマドワーカーのメンズにはもってこいのアイテムです。

created by Rinker
Clipa(クリッパ)
¥2,580 (2020/12/02 15:38:45時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonを使っていなかったり、並行輸入品が心配な人は、クリッパの日本総代理店アークトレーディングさんで購入するのもありです!

参考 arktradingClipa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です